vol.84 夏の到来を告げるお祭り


Aloha!

子供たちも夏休みに入り、ここ湘南・茅ヶ崎は賑やかになってきました。今年は梅雨の間も雨が降る日がほとんどなく、梅雨らしい感じがないままに梅雨明け。何だか5月頃からずっと暑い日が続いていますね。少しずつ少しずつ気温が上がってきてはいるものの、ずっと夏の様な感じです。

8月に入ってさらに気温が上がるかと思うとクラクラしてきますね。湿度が高くジメジメした日本の夏は気温以上に暑苦しく感じますが、子供の頃はもっと暑かったような覚えが…。地面に近かったから暑く感じていたのかも…。
暑さで路面がユラユラしているのも良く見ていたのに、そういえば最近はあまり見ていない気もします。大人になってクーラーで涼しい室内にいる事が多くなったからかな?クーラーなんかなくて、扇風機の前でア~とかやって過ごせていたので、実際はやっぱり昔は今より暑くなかったのかな?子供にとっては暑さも感じないくらい楽しい夏休み、楽しんでほしいですね!

一方の大人は…7月は毎週のようにイベントに出店していて、もうクタクタ。中でも3連休の外でのイベントは暑くて暑くてヘロヘロでした。茅ヶ崎では7/1に早くも海開き、最初の内は近所の人などがチラホラいる程度でしたが、日に日に人が増えて、週末は海水浴客で賑わっています。

海の日には関東三大奇祭とも言われる浜降祭が行われ、今年も盛大に行われました。茅ヶ崎市と寒川町の各神社から、今年は全34基の神輿が早朝に茅ヶ崎西浜海岸へ一斉にお礼参りに集まり、禊を行うというお祭り。全日辺りから市内中で担ぎ手が見られるようになり、朝9時には終わってしまうという珍しいお祭りで、神奈川県の無形民俗文化財となっています。

全日の夜、各神社から神輿が海岸へ向かって出発。夜通し「どっこい、どっこい」の掛け声で市内を練り歩き、早朝4時頃から順次神輿が海岸に到着。34基もの神輿が海岸に並ぶ光景は圧巻!担ぎ手や観客で凄い熱気!中には夜通し担いだり応援して疲れて寝ちゃってる人もちらほらいたりして…(苦笑)

一番の見どころは、式典終了後の8時過ぎにやってきます。式典後に神輿が各神社に帰るために一斉に動き出し、その際に再度禊をするために神輿が海に入るんです。これこそが奇祭と言われる所以でもあり、見どころ。各神社の担ぎ手やその日の雰囲気で、どの程度入るのか、入らないのか…。熱気と興奮の浜降祭が終わると、夏が来たな~と思います。比較的空いていてのんびり平和な雰囲気のちがさきサザンビーチは海水浴におススメですよ。
ぜひ茅ヶ崎に遊びに来てみてくださいね~

Mahalo!

今月のリボンレイ Rainbow Honu

レインボーリボンとサテンリボンを編んで作った、レインボーホヌです。

ホヌはハワイ語でウミガメの事。
ハワイでは神聖な生き物とされていて、ハワイのシンボルアイコンの1つ。もちろん触れるのは州法違反。$500の罰金です。

ハワイ在住当時、毎週末のダイビングでウミガメと出会っていた事を思い出しながら、同じくハワイのシンボル、レインボーで作りました。
神聖なホヌですから、よくあるような糸や接着剤は使わず、ホヌ本体部分はオリジナルデザイン・編み方で全て手編みで仕上げています。

バッグチャームも可愛いですよ。

【主な材料】
レインボーリボン 3~6mm
サテンリボン 3~6mm(色各種)
プルメリアクレイチャーム(お好みで)

PAGE TOP