vol.97 異常気象


Aloha!

予想以上の猛暑…というよりも酷暑となった8月。各地で40℃越えを記録するなど、暑すぎる夏でしたね。
本コラムでも春頃から何度か今年の夏は暑くなりそうと書いていましたが、まさかここまで暑くなろうとは思ってもいませんでした。40℃越えをした日は世界レベルで見ても1番か2番に暑いのが日本でした。世界で一番暑いのが日本…驚きですね。

気温が上がりだすのも早い時間から上がりだし、朝7時過ぎには30度越えという日もありました。子供の頃は涼しい午前中は宿題をやって午後から遊ぶなんて感じだったはずですが、今の子たちは起きたら猛暑、朝から夏季講習、塾の往復だけで暑くてフラフラ、大変ですね…。
そんな酷暑でも湘南のプールや海は連日大賑わい、子供たちもたくさんいましたよ。

気温だけでなく、この夏は台風の発生数も多くなりました。8月の発生数としては既にこの10年で最多、8月までの年間発生数でも過去20年で最多となっています。9月10月もこのまま多くなりそうな雰囲気ですから、要注意ですね。

この異常気象は日本だけではなく、海外でも起きています。ヨーロッパでは日本以上の猛暑、最低気温が42度とか、最高気温48度なんていう数字も見かけました。
ハワイではハリケーンが近づいてきて、大雨。よもや上陸か?!と非常事態宣言まで出されましたが、なんとか逸れて回避し、規模もランクダウンして最悪の事態は避けられたようです。
ただ、もともと大雨には弱いハワイ。住んでいた頃からそうでしたが、15年たった今も同じようですね。
オアフ島では、南はダウンタウン付近が特に水はけが悪く冠水しやすく、ノースショアも被害が出やすいです。またノースへの交通ルートや電話回線がすぐに寸断されてしまい、孤立しやすいんですよね。これは恐らく15年たった今でも同じような傾向だと思います。

特にノースの方は、一度被害が出てしまうと大変!島国という事もあり復旧資材や機材が入ってくるのに時間が掛かり、工事はハワイアンタイムでのんびり。復旧に時間が掛かってしまいます。
今はネットも普及し、スマホもあり、情報が簡単に入るので、状況が掴みやすいと思いますが、15年前はまだネットも今のように広くは普及していませんでした。ネット回線も電話回線を利用したものだけ、スマホももちろんなく携帯電話もアメリカではカメラ付きがやっと出始めた頃で日本よりも遅れていた状況。
北のノースと南のホノルルでお互い情報が入らず、ローカルのコミュニティ間での情報共有で何とかなっていたくらいでしたから、観光客には何が起こっているか、どこでどうなっているかが分からない状況で不安でしょうね。お店も閉まってしまいますし、交通機関もマヒしていますし…。
ともかく、ハリケーンの直撃は免れたようで良かったですが、少し被害も出ているようなので心配ですね。

日本では夏休みも終わり、夏が終わってしまう寂しさもありますが、9月以降もいつもより暑い残暑となりそうでしし、台風シーズンは続きますのでまだまだ夏気分ですね。熱中症に気を付けて、涼しい室内でリボンレイ作りを楽しみましょう~。

Mahalo!

今月のリボンレイ Blue butterfly Lei

ipolani Hawaiiオリジナル ブルーバタフライレイ

ブルーの蝶々を散りばめたブルーバタフライレイです。鮮やかなターコイズブルーがとても爽やかです。

【主な材料】
サテンリボン 24mm (No.41)
オーガンジーリボン 40mm (ターコイズブルー)
ビーズ各種

PAGE TOP