ハンドメイドイベントの出店(その2)

こんにちは!
アトリエシュシュのYukiです ^ ^
心配していた年末のイベントは(2か月も前の話ですが)、無事開催されました。お客さまの数はいつもより少なかったように思います。コロナの影響か、降雪によるものか、年末という時期の問題か、イベントの周知がされていなかったのか、原因はいろいろでしょうが…やっぱり淋しいですね。早く以前のように賑やかなイベントに戻って欲しいです。

 

さて今回はハンドメイドイベント当日のお話です。
あれこれ悩んだレイアウトですが、こんな感じに落ち着きました♪

ハンドメイドイベントの出店(その2)画像1

 

当日は9時半の開場に間に合うよう、8時に搬入。
いつもは荷物をスーツケースに入れて運びますが、今回は雪の中を転がすのはイヤだなと思い、100均のビニールバッグを使いました。マチが30cm程あり、A4サイズくらいの箱も立てずにそのまま入って便利です。またバッグの口をファスナーで閉められるので、濡れる心配がありません。中身を出せば畳めて、邪魔にならないところも良いです♪

 

ブースの設営は、まずテーブルを設置し、クロスを掛け、什器を並べていきます。頭ではなんとなく覚えていても、細かいところはあやふや…ということがあるので、ぜひ事前にレイアウトした画像を撮っておくことをおススメします。什器を並べてしまえば、あとは作品を並べるだけなので簡単です。

 

今回はアクセサリー作家の友人と共同出店だったので、レイアウトのバランスが悩みどころでした。テーブルを半分ずつ使うと、布小物側が重い感じになってしまいます。そこで、両側に置いた什器に布小物を並べ、中央に友人のアクセサリー作品を平置きすることで、すっきり並べることができました^ ^

ハンドメイドイベントの出店(その2)画像2

ハンドメイドイベントの出店(その2)画像3

 

ディスプレイの仕方は雑貨屋さんも参考になりますね。ポーチならどんな感じに並べているかな?POPはどうすれば目を惹くかな?と。
雑貨屋さんの良いところは、ディスプレイに使っているカゴや棚などが、商品として売られているところです(非売品もありますが)。またサイズ感や色合いもわかるので、失敗も少ないと思います。

 

目標は、たくさんの作品をぎゅっと上手く並べて、あれもこれも手に取ってみたくなるようなレイアウトにすることですが、現実はなかなか…。
イベント出店がメインなら、思い切って大きな什器を揃えたいところですが、私はネット販売がメインなのでためらってしまいます。 けれども普段は収納棚として使って、イベントで什器にするのもいいかな?木製の棚なら、使っているうちに味わいが出てきそう♪ これを機に、念願のアトリエを作ってしまおうか…などと思い始め、急にワクワクしてきました(笑)

 

以上、イベント出店のご報告でした!
コロナ禍で対面販売の機会が少なくなっていますが、機会がありましたらぜひ出店してみてくださいね。私の反省を生かしていただけたら嬉しいです ^ ^

 

それではまた次回のブログでお会いしましょう。
そろそろリボンのオーダーに挑戦してみたいので、そのお話もできたらと思います。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

ライターYuki(布小物屋 アトリエシュシュ)

東京都出身。福井県在住。2男(社会人、大学生)の母。
2014年より作家活動開始。
「あったらいいなをカタチに。ちょっと便利な布小物」をコンセプトに、minneやCreema、レンタルギャラリーなどで販売中。時々イベントにも出店。
2020年より個人事業主として活動中。

ブログ:https://note.com/a_chouchou
オンラインショップ:https://minne.com/@chouchou-y
https://www.creema.jp/c/atelierchouchou

ハンドメイドイベントの出店(その2)
最新情報をチェックしよう!